BBT大学生が、BBTU(通称:ビジネス・ブレークスルー大学)入学希望者へ情報発信

Archive for the ‘学生ナマ声’ Category.

BBT大学に関する批判に現役生徒が答えてみる


ソーシャルメディアを見ていたらBBT大学に関する批判文言を見つけた。
これについて考えてみようと思います。

(引用開始)
大前研一のBBT大学では、学期末の試験のFBはしない。成績つけて、はい!終わり!教授によっては、録画の使い回し。自己紹介と最後の挨拶しかキャンパスに現れない。
なぜ、BBT大学のことをこんな書くかと言うと、みなさんの中に入学しようと思っている人がいらっしゃって、失敗して欲しくないからです。
(引用終了)

確かに講義によっては上記のような状態になっていて、それは僕の不満点でもあります。良い意味でも悪い意味でも効率的に生徒をさばく。それはBBT大学の構造に根ざした特徴だと思っています。

 

確か以前の記事にも書きましたが、関心度の低い教授は本当に関心度が低い。

これは間違いなく不満点です。例えば著名な方が教授となり、wktkして講義に望んでも、講義を動画で見て、殆どACでも絡まずに、終了してしまうことはあります。(もちろんそうでもない教授の方もたくさんいます。)また録画使い回しの講義も確かにあります。
恐らく教授側のBBT大学へのコミット度合いを、教授各人の裁量に任せる契約となっていることが原因だと考えられます。
これは教授に著名で忙しい現役ビジネスマンが多く(最もそこがBBT大学のウリでもある。)、大学の運営コストを考えた上での選択でしょう。

 

上述の批判文言は、「よって入学しないほうが良い」と続けられています。しかし僕ならば「そういう一面もあるが入学に投資分の価値はあるよ。」と続けると思います。

何故ならそれは過去の記事で投稿しているように、実践的な内容で自身を成長させられていると実感しているからです。しかしもちろん批判内容は真摯に考える必要があります。

BBT大学には批判を受け止める土壌はあります。
BBT大学の良いところとして、意見の通りやすさと改善意欲の高さがあります。
BBT大学は大学スタッフへ驚くほど意見が通りやすい土壌があり、学生の要望があれば、これから更に改善していく可能性が高いです。

例えば学期末試験のFBなどに関しても、大学はいろいろと試行錯誤し考えていることが分かります。(学期末成果物の発表会を開いたり等。去年末に開催されました。)

 

■結論として
結論として上述のことは確かに存在し、それを不満点に思っている方も多いと思います。

しかし全体的に学生の愛校精神とサービスへの満足度は高いこともまた事実です。(HP上で公開されている学生アンケートに偽りはありません。(僕の体感としても恐らくこの程度の数値になるかと思われます。)

僕は不満点は長い目で見ようと考えています。もちろんオンライン大学という構造に根ざした欠点であり変わらない部分もあるでしょう。しかし最大の妥協点まで不満を改善していく意欲を持った大学だと考えています。

と、言う訳で当ブログはBBT大学に関する批判とかぶっちゃけどーなの的なことがあれば、学生のフェアな視点からお答えします。僕はモンスタースチューデントではありませんが、盲目的に大学を愛校しているわけでもありません。

Please contact us!!

BBT大学のんべえ担当吉田

BBT大学で学び、自分は大きく成長できた


あけましておめでごうございます!管理人の高梨です。

本年もBBTUメンバーズをよろしくお願いします。

新年1発目のブログは、管理人の高梨が

「大学での学びで自分は確実に成長している」と、

感じたことについて記載したいと思います。

 

■課題に取り組み、自分の成長を実感する

先日、といっても本年の1月に入ってからですが、

ある講義の課題に取り組んだ際に自分の成長について実感することが出来ました。

その講義の課題は「企業の分析をして、課題と解決策を考えろ」的な内容でしたが、

実はこの課題、入学後2カ月目に出題された課題と同じような内容だったんです。

それで、当時(約2年前)に自分が提出した内容と今回の提出した内容を比べて

自分の成長を実感することが出来たのです。

(諸事情により講義名や課題の詳細を伝えることができません。すみません。)

 

■始めは何をしてよいのか分からず、近所のコンビニに不満をぶつけただけ

入学後2ヶ月目で出題されたときはどの企業を対象にすれば良いかも分からず、

どのように分析して良いかも分からず、非常にテンパりました。

結局、散々悩んだ末に近所のコンビニ店を課題のテーマとして取り上げ提出しました。

しかも、私が提出した課題の内容も最悪でそのコンビニ店の店員に対する

自分の不満を記載して、それを改善しろというような、とても分析と呼べるものではありませんでした。

一部上場企業を対象としている方も大勢いる中で恥ずかしながら課題を提出した記憶があります。

 

■あれから2年、自分はどれほど成長したのか・・・

今回私が取り上げた企業は任天堂でした。

内容はの精度はともかく、データやフレームワークを基に、

課題の発見や解決策の考察に取り組めたと思っています。

つまり、しっかり企業を分析して課題と解決策を考えることが出来たということです。

元々、分析の方法も全く分からないところからスタートして、

近所のコンビニ店に抱いている不満をぶつけることしかできなかった自分が

今では任天堂という上場企業の分析を行い

しっかりと自分の意見を持つことが出来るようになりました。

 

今回の課題は、今の自分と2年前の自分を比較してみて、

明らかに成長したな、という実感が持てる良い気付きを与えてくれました。

 

そうはいっても、つまらない講義は沢山ある。


こんにちは、忘年会続きで連日二日酔いの吉田です。

BBT大学の講義に関して記載しようと思うのですが、、
今回はちょっと視点を変えて”つまらない講義の特徴”をご紹介します。

「教えない大学を掲げ、そのカリキュラムに面白く斬新な講義が多い。」
もちろんそれがBBT大学ですが、実のところつまらない講義も結構沢山あります。

※つまらない、というのはもちろんとても個人的な意見です。が、評価の
低い講義とその理由は、多くの学生にとって傾向が似ることもまた確かです。

敢えて具体名は挙げませんが、IT系のアノ講義とか、数学系のアノ講義とか。。。

例えば、つまらない講義の特徴として、以下のようなものがあります。

題して、こんなBBT大学の講義はイヤだ!

・講義内容がやたらアカデミックである
⇒アカデミック系の講義ももちろん必要ですが、あまりにアカデミック過ぎて実用性の
ない講義は、BBT大学らしくないと思ってしまいます。僕らとしても学習の優先順位が下がります。

・教授からの関心度が低い
⇒講義によって教授からの関心度が違い、積極的に質問に回答いただける方もいれば、
AC(BBT大学のサイバーキャンパス。主に講義のディスカッションが行われる。)に最初と最後しか登場なさらない方もいます。

・講義内容がとにかくチンプンカンプンである
⇒講義内容が分かりにくい要因は、講義のテンポが早いことや、単純に講義が分かりにくかったり等。
これに関しては、もしかして”各教員が自分の専門分野の話をして、学生がそれに付いていく。通常の大学教育とはそのようなものだ。”と考えられる方もいらっしゃるでしょう。確かにそうですが、僕達のような比較的に忙しい社会人は上述したような”通常の大学教育”を求めて入学したのではありません。”教えない大学”であり実践的な教育が行われているBBT大学だからこそ、入学を決定したのです。

えー本当にこの講義を4年間のどこかの段階でやらなきゃなんないの、まじ勘弁
系の講義は沢山あります。

つまらない講義が必修であれば、かなりモチベーションダウンします。

吉田

BBTUに来て2年、どの程度成長したと思えるか


既に仕事中も忘年会の企画ばかり考えている吉田です。

現在僕は目下休学中なので、実際にBBT大学の講義を受けたのは正確には
2年ではないのですが、細かいことは置いといてここでは2年と定義します。

では僕はその2年間で、どの程度自分自身を成長できたと思えるのか、今回は記載
したいと思います。

先日の投稿でもご紹介しましたが、まずビジネスに於いて具体的に有用なスキルが身につきました。
次に明らかに思考能力が向上したとも考えています。(考えるという作業の癖がついた、という方がより正確かもしれません。)

しかし、それ以上に身についたと思えるのが、ビジネスマインドです。

これはBBT大学の講義云々ではなく、どちらかというとその環境に要因があります。
BBT大学というビジネス的なコミュニティに属することになるため、知らず知らずのうちにビジネス的な思考や価値観が身につきます。ビジネスに関する情報感度が高まり、例えばビジネス関連の新書が出たら取り敢えず一通り手にとってみたくなります。
そしてそこでインプットした情報を学生間でアウトプットし合い、更に学びを深めます。

BBT大学というコミュニティに属することにより、講義以外の面でも、集団で知識を高め、集団で成長していくことができます。これは大きなメリットです。

吉田

BBT大学の講義内容が業務パフォーマンスを上げた例


こんにちは、既に脳内は冬休みモードに突入している吉田です。

今回は、BBT大学の講義が実際の業務パフォーマンスを上げた例をご紹介します。
管理者吉田のかなり個人的な体験となります。

管理者紹介でも言及していますが、僕は本業でWebマーケティングを行なっています。

webマーケティングは、完全にデータの世界です。
サイトへの流入ユーザー数、離脱ユーザー数、流入経路、人気コンテンツ、ユーザーの動きなど、全てのデータをかなりの精度で取得することが可能です。

上記のような特徴を持つので、1年後期で受講した統計学は業務に直接的に役立っています。

 

もともと統計解析は、データを扱う身として欲しいスキルでしたが、少々ハードルが高そうで手を出せていませんでした。

(関連書籍を読んでもハンムラビ文字のような訳わからない計算式が並んでいたので、アレルギーが出そうになった僕は軽く見なかったことにしていました。

BBT大学で受講した統計解析は、複雑な計算式等を省略し、Excelを用いたかなり実践的な内容だったため、直ぐに仕事で応用することが出来ました。
これによりかなりデータの分析精度が高まっています。

単にアカデミックな内容ではなく、実践することに主眼を置いた講義内容
これはBBT大学の大きな特徴です。

吉田

 

どこでも受講できるけど、決して公平ではない。


クリスマス?もち仕事だよ!と言いたいけど、今年は連休のせいで言えなくて困っている吉田です。

今回は、BBT大学における学びの地方格差についてご紹介します。特に地方にいらっしゃる方は認識しておいたほうが良いことだと思えます。

BBT大学の学生は、日本各地、いや世界各地にいます。
その理由は御存知の通り、BBT大学がオンライン大学で、何処でも受講できるという特性を持つからです。オンラインであるがゆえに、場所に関係なく公平に学びを受けることができます。

しかし一点、ネックな部分もあります。
それは“オンラインでの学びは全世界どこでも公平ですが、それ以外の部分では場所によって格差がある”ということです。

その原因として、BBT大学の校舎が東京にあるということが挙げられます。
オンライン大学ですが校舎はあり、そしてセミナーの大半はその校舎で行われます。
また生徒の比率的に東京や大阪、名古屋と、大都市在住の割合が多く(当たり前のことですが)必然的に生徒間のコミュニケーションが盛り上がるもの大都市が中心となります。

つまりオンライン大学という特性上、ネットさえあれば場所を問わず講義をうけることができますが、それ以外の面では大都市ににいたほうが圧倒的に有利です。
(そのため仕事を変えてまで関東に越してこられた方も知っています。)

この状況には学校側ももちろん気がついていて、いろいろと試行錯誤していますが、なかなか解決されません。
(例えば最近地方サークルが出来たり、説明会やセミナーを地方で開催したり。しかしまだ地方格差が改善されないことは確かです。そして恐らく今後完全に改善することはないと思われます。)

BBT大学はサークルもあり、飲み会なども積極的に開催されたりしますが、それは基本的に大都市の話で、なかなか地方では開催されないということを認識しておいたほうがよいかもしれません。

yoshida

BBT大学に存在する2つのジレンマ


こんにちは。現在目下休学中のBBT大学一期生吉田と申します。
「休学して初めて青い空を見た・・・・・。」が口癖です。(嘘)

今回はBBT大学に存在する”2つのジレンマ”に関してご紹介したいと思います。

BBT大学には、1)短期的な業務パフォーマンス低下のジレンマ と、2)知らず知らずに思考停止の罠に嵌るジレンマ があります。今回の投稿ではこの双方について解説します。

これらを覚悟し、意識した上で入学を志すことをオススメいたします。

 

1)短期的な業務パフォーマンス低下のジレンマ
BBT大学に入学する方は、現状圧倒的に社会人の割合が高く、比率的には社会人:専業学生=7:3となっています。社会人の方の多くは自身の業務パフォーマンスを高めるためにBBT大学に入学なされたのでしょう。(僕はそうです。)
確かにBBT大学の講義は実践的であり、かなり直接的に業務パフォーマンスを高めてくれるものばかりです。これは間違いありません。

しかしそれ故に、タスク的なワークも多く、かつ大学という特性上講義数が多いため、大抵の社会人は睡眠時間を削り、寝不足に陥ります。寝不足になると業務パフォーマンスは低下します。

つまり業務パフォーマンスを高めるために大学に行っているのに、短期的に見ると業務パフォーマンスが低下してしまう、そういうジレンマに苦しめられます。

 

2)知らず知らずに思考停止の罠に嵌るジレンマ
BBT大学は、「教えない大学」を掲げています。これは”単純に体系的な知識を教えるのではなく、自身の頭で正答を導くための教育を積極的に行う”ということです。
確かにその通りで、BBT大学の講義を受講していると、さまざまな物事のベースとなる思考能力が増します。(特に問題解決。これは文句なく素晴らしい講義です。)

しかしここにも罠が潜んでいます。それは、思考能力を高めるためにBBT大学に入学したのに、気がつけば思考停止に陥っているジレンマです。

こちらにしても原因は、講義数、タスクの多さにあります。
講義数やタスクが多いため、何も考えずただタスクの消化のみに目的を置くようになる場合があります。BBT大学に入学したのはタスクの消化が目的ではないはず、そしてそれを明確に理解しているはずなのに、普段の習慣の中で気がつけばタスクの消化が目的化してしまいます。
もちろんタスク単位で正答を導くための思考はしていますが、そのタスクの必要性については思考しません。所謂手段の目的化です。

これは意識的に避ける必要があります。
そのためには、BBT大学を“自身を成長させてくれる場”として考えるのではなく、“自身を成長させるための場”、つまり受動的ではなく、能動的に捉える必要性があります。
必要ないタスクやくだらない授業は、例え単位を落としたとしても行う必要はないでしょう。

社会人に時間は何より貴重なのです。

(卒業と単位取得に重きを置いているのであれば、無駄なものは適当に流します。それがBBT大学での処世術です。)

 

こう見てみると、1)2)のジレンマ共に講義数とタスクの多さがメインな要因となっていると考えられます。

そしてその要因は、BBT大学が大学であるがゆえに起こる、構造的な欠点に思えます。

これから入学を考えている方は、この欠点を認識していると良いかと思えます。

吉田